横浜開幕4連勝で堅首 新加入藤田2発、俊輔はFK弾

[ 2013年3月31日 06:00 ]

<横浜・FC東京>後半15分、同点FK弾を決める横浜・中村

J1第4節 横浜3-2FC東京

(3月30日 日産ス)
 横浜がFC東京を3―2で下し、06年以来の開幕4連勝で首位をがっちりキープした。

 まずはエース中村が魅せた。0―1の後半16分、ゴール正面約25メートル付近で得たFK。左足で蹴ったボールは壁に当たって角度を変えるとゴール右隅に吸い込まれた。「運も向いている」。Jリーグ歴代2位タイとなる通算15本目のFK弾でまずは同点とした。

 そして、J2千葉から加入し今季リーグ初先発の藤田が続いた。後半23分に天野の右クロスを頭で合わせて勝ち越しの今季初得点。2―2の45分には、豪快に左足で決勝弾を叩き込んだ。

 「チームの勢いを切らずに勝ててホッとした」と藤田。静かに振り返ったJ1で3年ぶりの得点は、ケガでリハビリ中の実弟・浩平にささげるゴールでもあった。浩平はJFLカマタマーレ讃岐に所属し、開幕前のJ2東京Vとの練習試合で負傷。右足関節開放性脱白骨で全治6カ月と診断された。藤田は「今季(の復帰)は厳しいけど、その分、自分が頑張ろうという思いはある」。大黒柱と新戦力が見事に融合。公式戦は6連勝。勢いが止まらなくなってきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月31日のニュース