権田 OA枠2人の“パイプ役”に「情報があった方が入りやすいと思うので」

[ 2012年7月9日 07:09 ]

関塚ジャパン合宿初日

(7月8日)
 関塚ジャパン不動の守護神・権田が、今回からチームに加わったOA枠の2人と、従来のメンバーの“パイプ役”を買って出た。

 徳永はFC東京の先輩、一方の吉田はもともと同級生で、今回は宿舎でも相部屋という間柄。「情報があった方が(チームに)入りやすいと思うので。例えば、あの4人(清武、酒井宏、大津、東)はいつも一緒で仲がいいとか、この部分はA代表とは違う部分とか、話してますよ」。一日も早く、チーム一丸の雰囲気をつくりたい考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月9日のニュース