岩清水 ケガの影響感じさせず「実戦的な動きができた」

[ 2012年7月9日 06:00 ]

<日テレ・狭山>後半途中から出場した岩清水

なでしこリーグ杯 日テレ2-0AS狭山

(7月8日 夢の島)
 日テレは左足首痛を抱える日本代表DF岩清水が後半36分から途中出場した。9分間という短い時間だったが、CKからヘディングでシュートを狙うなど、ケガの影響を感じさせないプレーを披露。「実戦的な動きができてよかった」と振り返った。

 試合後にはロンドン五輪へ向け阪口、岩渕、バックアップメンバーの有吉とともにサポーターにあいさつ。「一番いい色のメダルをみなさんに見せられたら」と意気込みを語ると、万雷の拍手を受けた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月9日のニュース