今季11勝3敗 柏 17年慣れ親しんだ形では最後の試合

[ 2011年11月26日 09:04 ]

改修前最後の試合を迎える日立柏サッカー場
Photo By スポニチ

J1第33節 柏―C大阪

(11月26日 柏)
 愛着ある本拠地でJ1初制覇を成し遂げる。首位の柏は26日のホーム最終戦でC大阪を迎え撃つ。勝つか引き分ければ他チームの結果次第で優勝が決定する。

 リニューアル前の日立台で歴史を刻む。柏市日立台にある日立柏サッカー場は来季開幕に向けて8月から改修に着手。12月から本格工事に入る。95年のJ昇格に合わせて観客席を増設したとき以来の大幅改修で、ベンチ席を個席に取り換えて収容人員(現在1万5900人)を約3000人増やす。

 同時にホーム応援席とアウェー応援席を入れ替える。17年間、慣れ親しんだ現在の形での試合はこれが最後なのだ。

 日立柏サッカー場では今季14戦して11勝3敗。5度の逆転勝ちを記録した。ピッチと観客席の距離がわずか5メートルと近く、サポーターの声援が選手を後押ししてきた。北嶋は「ゴールのサイドが変わるので(現在の形の日立柏サッカー場では)26日が最後。勝って終わりたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月26日のニュース