清水 退場で崩壊 ゴトビ監督 審判団への不満を爆発「10人対14人では…」

[ 2011年11月26日 17:48 ]

J1第33節第1日 清水0―3鹿島

(11月26日 カシマ)
 清水は後半13分にDF山本真が2度目の警告で退場処分となり、守備が崩壊した。ゴトビ監督は「10人対14人ではとても厳しい」と審判団への不満を爆発させた。

 9試合ぶりの無得点。中央ではなく左サイドでプレーさせた高原について、同監督は「中に切れ込んで味方が攻め上がるスペースを空けてくれると期待したが…」と思惑が外れたことを認めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年11月26日のニュース