広島が快勝!大宮は片岡の退場が響く

[ 2011年11月26日 20:04 ]

J1第第33節 広島4―2大宮

(11月26日 レベスタ)
 広島が快勝した。前半41分、ゴール正面のFKをトミッチが決めて先制。前半終了間際に佐藤のPKで加点すると、後半にも数的優位を生かして、2点を追加し圧倒した。

 大宮は前半終了間際に片岡が退場してからは防戦一方だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月26日のニュース