シリアのハンカン監督 国内情勢緊迫の母国のために勝利誓う

[ 2011年11月26日 20:32 ]

公式練習で調整するシリアイレブン

ロンドン五輪アジア最終予選C組第3戦 シリア―日本

(11月26日 国立)
 シリアはアサド政権による反政府デモ弾圧が続き、国内情勢が緊迫している。母国に対する思いも胸に、日本戦に臨んできそうだ。

 ハンカン監督は「とても厳しい状況だが、いい試合を見せたい」と意気込む。サリハ主将は「シリアに勝ち点3をプレゼントしたい。平和が早く戻るように、希望を持って戦いたい」と必勝を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年11月26日のニュース