岡田監督「平山に可能性感じた」

[ 2010年1月7日 00:41 ]

 【日本3-2イエメン】

 ▼岡田武史・日本代表監督の話 最初は若手選手が怖がってしまったが、2点のビハインドをはね返し、勝てたことがよかった。平山は十分、可能性を感じさせるプレーをしてくれた。

 ▼原博実・日本サッカー協会強化担当技術委員長の話 最初は若い選手たちが舞い上がってしまったが、平山の1点で雰囲気が変わった。このチームで勝てたことが大きい。

 ▼槙野の話 (キャプテンとして)いつも以上にチーム全体として緊張感を持って臨んだ。とにかく勝てたことがよかった。

 ▼渡辺の話 (国見高の)先輩に全部持っていかれました。相太さん(平山)が入って2トップになった方がやりやすかった。
 ▼ユリチッチ・イエメン代表監督の話 序盤は非常によかったが、日本が尻上がりに調子を上げ、後半は相手が試合を支配した。平山はとてもいいストライカーだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2010年1月7日のニュース