ヒデ以来の争奪戦!福岡大・永井に11クラブ

[ 2010年1月7日 06:00 ]

<イエメン・日本>後半途中から出場した永井謙佑はイエメン選手と激しく競り合う

 福岡大の日本代表FW永井謙佑(20)の来季獲得を目指し、神戸、FC東京など合計11クラブが争奪戦を繰り広げていることが6日、分かった。11クラブによる争奪戦は95年に平塚(現湘南)に加入した元日本代表のMF中田英寿以来。永井は90年ダイナスティー杯韓国戦に出場した谷真一郎(元柏)以来、20年ぶりに大学生A代表として日本代表のイエメン戦に出場。今後の活躍次第ではさらに獲得を目指すクラブが拡大していきそうだ。

 特に熱心な神戸は1年以上前から密着。FC東京も強化幹部が「速さに技術があり和製オーウェン」と最大級の評価で獲得を目指している。イエメン遠征中の永井は進路について「(福岡大の乾)監督に任せてある。でも(11クラブの争奪戦は)うれしいです。今後もそれに見合ったプレーをしていきたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2010年1月7日のニュース