特殊部隊も来た!500人で厳戒態勢

[ 2010年1月7日 06:00 ]

 【日本3―2イエメン】アルカイダ系勢力のテロ行為が懸念される一戦。イエメン協会は2000人で警備するとしていたが、実際には警官100人、軍人400人の計500人(うち特殊部隊100人)にとどまった。それでも、ジュラルミンの盾とこん棒を持った警備員がピッチ周りを取り囲み、物々しい雰囲気。観衆はたばこやライター、先のとがったペンなどの持ち込みが禁止され、燃やせる雑誌や新聞も持ち込めなかった。

 イエメン治安当局者はこの日、米大使館などへの攻撃を企てていたとみられるアルカイダ系勢力傘下のグループのリーダーら3人を拘束したと発表。一方、領事業務の対外窓口を閉鎖していた日本大使館は領事業務を再開した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2010年1月7日のニュース