国際Aマッチのデビュー戦3点は戦後初

[ 2010年1月7日 01:19 ]

 【日本3-2イエメン】平山が日本代表のデビュー戦で3点を挙げ、ハットトリックを達成した。国際Aマッチのデビュー戦でハットトリックをマークしたのは1930年5月に若林竹雄(東京帝大)が4点を取って以来で、戦後では初になる。

 デビュー戦で2点を奪ったのは58年12月の川淵三郎(早大)、76年8月の古前田充(フジタ)と2人いる。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2010年1月7日のニュース