【プリークネスS】1番人気ムース、熱発で出走取消 KYダービー馬ミスティックダンが1番人気に

[ 2024年5月16日 04:16 ]

大接戦となったケンタッキーダービー。右から優勝したミスティックダン、3着のフォーエバーヤング、3着のシエラレオーネ(AP)
Photo By AP

 米クラシック3冠第2ラウンド「第149回プリークネスS」(18日、ピムリコ競馬場、ダート1900メートル)でモーニングライン(主催者の想定オッズ)1番人気に設定されていたムース(牡3=B・バファート、父グッドマジック)が15日、熱発で出走取消となった。

 南カリフォルニアのサンタアニタパーク競馬場を出発し、空輸と陸送を経て前夜にメリーランド州ボルティモアのピムリコ競馬場に到着。その後、39度を超える発熱が確認されたことから出走取消を余儀なくされたと地元メディアのブラッドホースが報じている。

 昨年BCジュベナイル2着後、今年に入ってサンヴィセンテS、アーカンソーダービーと連勝中。バファート師が21年ケンタッキーダービーの禁止薬物騒動によりチャーチルダウンズ競馬場で出走停止中のため、3冠初戦のケンタッキーダービーに出走できず、ここに狙いを定めていた。

 代わってケンタッキーダービー馬ミスティックダン(牡3=K・マクピーク、父ゴールデンセンツ)が3.5倍でモーニングライン1番人気となっている。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月16日のニュース