【オークス】過去10年で前走2桁着順から3着止まり

[ 2024年5月16日 05:28 ]

3頭併せで追い切るチェルヴィニア(中央)(撮影・村上大輔)
Photo By スポニチ

 【馬券のツボ】過去10年、オークスで馬券に絡んだ30頭のうち前走が2桁着順だった馬は14年バウンスシャッセ(皐月賞11着)、17年アドマイヤミヤビ(桜花賞12着)、22年ナミュール(同10着)、23年ドゥーラ(同14着)の4頭で、オークスでの着順は全て3着止まり。84年グレード制導入以降で桜花賞2桁着順から優勝したのは13年メイショウマンボ(桜10着)のみ。反撃は可能だが、1着となるとハードルは高い。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年5月16日のニュース