凱旋門賞登録馬発表 日本馬はシンエンペラー、ドウデュース、レガレイラの3頭

[ 2024年5月16日 05:02 ]

 フランスG1凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン)は15日、登録(登録料8300ユーロ=約133万円)が締め切られ、主催するフランスギャロが登録馬73頭を発表した。

 日本調教馬はシンエンペラー(牡3=矢作)、ドウデュース(牡5=友道)、レガレイラ(牝3=木村)の3頭。昨年の上位4頭エースインパクト、ウエストオーバー、オネスト、スルーセブンシーズは既に引退し、昨年5着で日本生まれのハーツクライ産駒コンティニュアス(牡4=愛A・オブライエン)は登録を済ませた。10月2日までは12万ユーロ(約1920万円)を支払えば追加登録が可能となっている。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月16日のニュース