【オークス】ステレンボッシュ 2冠へ万全仕上げ!Wコース3頭併せで一気加速ラスト11秒4

[ 2024年5月16日 05:30 ]

併せで追い切るステレンボッシュ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 牝馬クラシック第2ラウンド「第85回オークス」(19日、東京)の最終追い切りが15日、東西トレセンで行われた。美浦では史上18頭目の2冠制覇に挑む桜花賞馬ステレンボッシュがWコースで切れ味鋭い動きを披露。万全の仕上がりをアピールした。管理する国枝栄師(69)は史上初となる3度目の同一年牝馬クラシック2冠制覇が懸かる。同レースは16日、出走馬と枠順が確定する。

 桜から樫へ。2冠制覇を目指すステレンボッシュの最終追いは、Wコースでの3頭併せ。僚馬2頭を約5馬身先行させてスタート。道中は抜群の気合乗りながら、コントロールの利いた走り。ラスト2F(400メートル)から1F11秒4→11秒4と一気に加速。外テンペスト(4歳1勝クラス)にはわずかに遅れたが、挟み込んだウィンターダフネ(4歳2勝クラス)にはきっちり半馬身先着した。国枝師は「前半が少し遅く感じたので無線でペースアップを指示した。途中からペースを上げても、しまいはしっかり伸びていた」と納得の表情をみせた。

 桜花賞は3/4馬身差の着差以上の完勝。阪神JFで首差及ばなかったアスコリピチェーノにリベンジを果たした。国枝師は愛馬の長所について「落ち着きがあって慌てないところかな。余裕があるね」と評する。800メートルの距離延長についても「折り合いにも問題はなかったし、乗りやすい馬なので距離も大丈夫かなと思っている。何も心配していない」と意に介さない。

 「牝馬の国枝」。10年アパパネ、18年アーモンドアイと2頭の3冠牝馬を鍛え上げた実績は競馬界に燦然(さんぜん)と輝く。桜から樫への王道は知り尽くしている。そんな名伯楽は「今後の活躍次第」と前置きした上で、2頭の名牝と比べ「現時点では同じくらいにあると思う」と大きな期待を隠さない。

 ここまでの3勝は全て異なるジョッキーでV。師がしきりに口にする“乗りやすさ”はきっちり結果にも表れている。前走Vのモレイラが母国ブラジルでの騎乗を優先したため、今回は戸崎と新コンビ。鞍上は「国枝先生から“自信を持って乗ってもらえれば”と言っていただいた」。乗り替わりへの不安も皆無だ。

 父エピファネイアは同じ舞台の14年ジャパンCを制覇。その母シーザリオは05年オークス馬。近親ディープインパクトという血統からも東京2400メートルでパフォーマンスが落ちるとは考えにくい。3度目の牝馬2冠制覇へ。王道を知る国枝師の余裕が頼もしい。

 《同一年の牝馬クラシック2冠 史上最多3度目に国枝師が挑む》同一年の牝馬クラシック2冠を2度達成している調教師は国枝師と松田博資師(16年引退)の2人のみ。今回、国枝師がVなら史上最多3度目の同一年牝馬2冠制覇となる。また今回Vならクラシック6勝目で池江泰寿師、友道康夫師と並ぶ現役調教師最多勝となる。

続きを表示

この記事のフォト

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年5月16日のニュース