【オークス】アドマイヤベル ゆったり伸びた、加藤征師「何とか結果出したい」

[ 2024年5月16日 05:23 ]

単走で追い切るアドマイヤベル(撮影・村上大輔)
Photo By スポニチ

 フローラS覇者アドマイヤベルはWコース単走でゆったりと脚を伸ばした。5F69秒9~1F12秒8。時計は控えめだが、加藤征師は「前走と同じような調整。前回の当該週より動きは活発だった」と仕上がりに自信を見せた。デビュー以来、左回りの中距離にこだわって起用。

 「東京2000メートルを3回使って、ずっとここを目標にしてやってきた。何とか結果を出したい」と打倒桜花賞組を掲げた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月16日のニュース