【天皇賞・春】サヴォーナ 反応の良さ際立つ、中竹師「この馬らしいストライド」

[ 2024年4月25日 05:18 ]

池添を背にCWコースにて併せ馬で追い切るサヴォーナ(撮影・亀井直樹) 
Photo By スポニチ

 反撃を誓うサヴォーナはCWコースへ。サジ加減は池添に託された。同じく天皇賞・春出走のスカーフェイス(8歳オープン)を追う形で直線は内に併せ、6F82秒6~1F11秒7で1馬身半先着。反応の良さが際立つ。

 中竹師は「先週の時点でしっかり馬はつくってあるので(池添に)お任せします、と。この馬らしいストライド。いい感触をつかんでもらったと思います」と力強かった。 

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月25日のニュース