【天皇賞・春】チャックネイト 仕上がり予定通り、堀師「持ち味を生かすことができれば」

[ 2024年4月25日 05:18 ]

ウッドチップコース、併せ馬で追い切るチャックネイト(右)(撮影・郡司修)
Photo By スポニチ

 前走AJC杯で重賞初Vのチャックネイトは、Wコースでエコロカイザー(3歳未勝利)を2馬身追走。軽快なフットワークで5F69秒0~1F12秒0をマークし手綱に余裕を残して併入した。

 「ここまでは予定通りに仕上がった。切れる脚はないがスタミナはあるので、その持ち味を生かすことができれば」と堀師。戦法を選ばない自在な脚質を武器にG1タイトルを狙う。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月25日のニュース