【天皇賞・春】ブローザホーン 調子の良さ感じる、菅原明「自信を持って乗りたい」

[ 2024年4月25日 05:18 ]

坂路コースを菅原明良を背にディクテオン(奥)と併せで追い切るブローザホーン(手前)
Photo By 提供写真

 ブローザホーンは菅原明を背に坂路で僚馬ディクテオン(6歳オープン)と併せ馬。しっかり負荷をかけ、4F55秒0~1F13秒3を刻んだ。

 菅原明は「そこまで調教で動くタイプではないが調子の良さは感じました」と満足げ。前々走・日経新春杯で重賞初制覇を飾り、前走・阪神大賞典は初の3000メートルで3着と健闘。「折り合いばかりを気にせず、自信を持って乗りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月25日のニュース