【天皇賞・春】スマートファントム 時計遅めでもOK、石橋師「順調に来ているのが何より」

[ 2024年4月25日 05:18 ]

CWコースで追い切るスマートファントム(撮影・亀井直樹)
Photo By スポニチ

 スマートファントムはCWコースを馬なりのまま力強く駆け抜け、6F84秒3をマーク。石橋師は「時計は予定よりちょっと遅くなったが気にならない。順調に来ているのが何より」と満足げに送り込む。

 10日に死去した藤岡康太さんとのコンビで条件戦を連勝しオープン入り。さらに距離は延びるが、師は「折り合いは問題ないし長い距離も合う。胸を借りるつもりでいきます」と意気込んだ。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月25日のニュース