【天皇賞・春】ディープボンド 余力たっぷり先着、幸「動きも良かった」

[ 2024年4月25日 05:18 ]

幸を背にCWコースにて3頭併せで追い切るディープボンド(手前)(撮影・亀井直樹)
Photo By スポニチ

 ディープボンドは初コンビの幸を背にCWコースで3頭併せ。2番手をリズム良く追走し直線は2頭の間に入り、余裕のある手応えで最先着した。

 2週連続で騎乗した鞍上は「強め程度でいい併せ馬ができましたし、動きも良かったです」と感触を口にする。パートナーは当レースで3年連続2着に惜敗。「折り合いの心配がないのは長距離戦で有利になると思う」と悲願のG1初制覇に導くか。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月25日のニュース