世界的名手ペリエ引退 凱旋門賞4勝ジョッキー、日本では02年から有馬記念3連覇

[ 2024年4月25日 03:30 ]

2003年の有馬記念を制し、連覇となったシンボリクリスエスとオリビエ・ペリエ騎手
Photo By スポニチ

 競馬の世界最高峰G1に数えられる凱旋門賞4勝を誇り、日本でも有馬記念3連覇(02~04年)などG1・12勝を挙げた世界的な名騎手であるオリビエ・ペリエ(51=フランス)が現役引退を表明した。23日、複数の欧州メディアが伝えた。現地時間の25日(日本時間同日深夜)、フランス南西部のラ・テスト競馬場での騎乗(2鞍予定)が現役最後の手綱となる。

 日本のファンにもなじみ深い世界的名手がステッキを置く。地元フランスの競馬専門メディア「エキディア」に対し、ペリエは「何事にもタイミングがある。最近は明らかに騎乗数が減っている。もう潮時と判断し、やめる決断をした」と心境を明かした。近年はフランス国内で21年69勝、22年45勝、23年18勝と勝利数が減少。今年はここまでわずか3勝止まりだった。

 89年にデビューしたペリエはフランスで4度の平地リーディングジョッキーに輝くなど活躍。同国最高峰のG1凱旋門賞は96~98年に3連覇。12年にはソレミアで先に抜け出した日本馬オルフェーヴルを差し切り4勝目を飾った。英国やアイルランド、米国、香港、ドバイなど世界の競馬主要国でも次々とビッグタイトルを獲得。ラスト騎乗となるラ・テスト競馬場の公式サイトは「G1165勝を含む重賞502勝、通算3700勝以上の偉大なチャンピオン」と紹介している。

 94年に招待競走で初来日。以降、同年に導入された短期免許制度を活用し毎年のように来日。00年フェブラリーSで国内G1初勝利を挙げると、01年には当時初となる3週連続G1制覇(マイルCS→ジャパンC→阪神JF)を達成。特に主戦として起用した藤沢和雄厩舎の管理馬で白星を量産。シンボリクリスエス、ゼンノロブロイとのコンビで有馬記念3連覇や天皇賞・秋連覇(03、04年)などG1・12勝。JRA通算379勝、重賞39勝の輝かしい成績を残し、00年代前半の国内競馬シーンを席巻。短期免許で騎乗する外国人騎手のパイオニアとして、後輩のルメールらが続く道を開いた。

 ペリエは英競馬メディア「アットザレーシズ」の取材に「非常に長いキャリアで私は多くの成功を収めてきた。世界中のあらゆる場所で勝利を収め素晴らしい瞬間を経験できた。過去に起こったことを振り返ることができて、とてもうれしい」。今後については「しばらく休んで数カ月後に何が起きるかを見るつもり。友人に会い、子供たちと時間を過ごし、新しい人生を楽しみます」と結んだ。日本競馬にも大きな功績を残した名手は、静かにターフを去る。

 ◇オリビエ・ペリエ 1973年1月12日生まれ、フランス北西部マイエンヌ県シャトー=ゴンティエ出身の51歳。89年にフランス騎手免許を取得。94年ヤングジョッキーワールドチャンピオンシップで初来日。その後、短期免許などで来日する機会が多く、日本でもおなじみの存在となった。96、97、99、00年と仏リーディングに4度輝き、凱旋門賞3連覇(96年エリシオ、97年パントレセレブル、98年サガミックス)、有馬記念3連覇(02&03年シンボリクリスエス、04年ゼンノロブロイ)など国を問わず数多くのビッグレースを制している。JRAでは12年ジャパンC(ソレミア13着)が最後の騎乗で通算2292戦379勝、うちG1・12勝を含む重賞39勝。1メートル64、55キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「2024 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2024年4月25日のニュース