藤沢和雄元調教師 ペリエは「自分の中で今でも一番の騎手」

[ 2024年4月25日 03:30 ]

04年、ゼンノロブロイで有馬記念を制して、ペリエ(右)と談笑する藤沢和師
Photo By スポニチ

 ペリエとのコンビで調教師別最多のJRA52勝、G1・7勝を挙げた藤沢和雄元調教師(72=22年引退)は「お疲れさま。自分の心の中では今も一番のジョッキーです」とねぎらった。厩舎を代表する名馬シンボリクリスエスとゼンノロブロイでG1・3勝ずつ。「モタれ癖のあったクリスエスを真っすぐ走らせ、一生懸命走らない面があったロブロイを上手に導いてくれた」と回想。

 「調教でも細心の注意をはらい、レースでは馬の能力を100%引き出してくれた。だからこちらもきっちり仕上げて乗ってもらおうと頑張った。私自身の調教技術向上にもつながった。これぞ騎手という印象。日本の騎手たちも随分、勉強になったと思う」と功績を称えた。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月25日のニュース