【天皇賞・春】タスティエーラ“異例”坂路併せ馬!大阪杯のリベンジへ、堀師「息も良かった」

[ 2024年4月25日 05:27 ]

調教に向かうタスティエーラ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 美浦の朝一番のサプライズは、タスティエーラの最終追い。昨年のダービー馬は、見慣れたWコースではなく坂路に登場した。ダノンラスター(8歳オープン)と馬体を併せてゆったり加速すると、最後は鋭く伸びて先着。4F55秒5とセーブした時計も、さすがの脚力が目を引いた。堀師は「先週しっかり追ったので直前は微調整程度。馬場(Wコース)で併せ馬をすると動きすぎてしまうし、単走追いにすると集中力に欠けて競馬へ行ってメンタル面でいい方に出ないので坂路で併せた。余力をもってこなせていたし息も良かった」と説明した。

 ここは1番人気で11着に大敗した前走大阪杯のリベンジマッチ。菊花賞(2着)で結果を残した淀の長丁場で復権を期す。堀師は「優秀な操作性を考えれば、十分に能力を発揮できる。モレイラ騎手もしっかりと特徴をつかんでいます」と期待した。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月25日のニュース