【天皇賞・春】ワープスピード 迫力ある脚さばき、高木師「たくましくなってきた」

[ 2024年4月25日 05:18 ]

ウッドチップコース、併せ馬で追い切るワープスピード(右)(撮影・郡司修)
Photo By スポニチ

 ワープスピードは三浦を背にWコースで併せ馬。4馬身先行したジッピーレーサー(7歳2勝クラス)を目標に強めに追われ6F83秒0~1F11秒3。迫力ある脚さばきで内から併入した。

 高木師は「非常にいい動き。年を重ねて雰囲気も出てきたし、たくましくなってきた」と成長ぶりを口にした。ダイヤモンドS3着→阪神大賞典2着と長距離重賞で存在感を示しており侮れない存在だ。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月25日のニュース