秋山真 手術から復帰で闘志「たくさんの人から励ましてもらった。頑張りますよ」

[ 2021年6月17日 05:30 ]

秋山真一郎
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・栗東=17日】小雨が降る中、さわやかな笑顔が帰ってきた。秋山真一郎が3週間ぶりに調教騎乗を再開。寺下は調教スタンドに引き揚げてきた鞍上を直撃した。「たくさんの人から励ましてもらい、騎乗依頼もしてもらった。感激しました。頑張りますよ」。42歳のベテランは復帰週から、やる気満々だ。

 昨年10月に調教中の落馬で第一腰椎を破裂骨折、今年2月から復帰していたが、5月23日のレースが終わると、腰を固定している金属を取り出す抜釘(ばってい)手術を行った。「手術後は周りの筋肉をほぐして可動域を広げた。丁寧に接してもらって、医療関係者の方々にも感謝ですね」

 復帰日の19日は、阪神メイン・米子Sでラセットとコンビを組む。「雨予報みたいだね?時計がかかるのはいいと思う。作戦は決まっているし、前が止まる展開になれば」と意気込む。ターフに戻ってくる秋山真の手綱さばきに注目だ。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年6月17日のニュース