【阪神新馬戦】ショウナンハクラク 坂路で順調調整、松下師「初戦から期待しています」

[ 2021年6月17日 05:30 ]

岩田康を背に坂路にて併せ馬で追い切るショウナンハクラク 撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 フランケル産駒のショウナンハクラク(牡=松下)が阪神日曜5R(芝1600メートル)で岩田康を背に初陣を迎える。母ショウナンアデラは14年阪神JFを制覇。松下師は「サンデーサイレンスの血が入っているフランケル産駒は初めて。この血統が最大の魅力ですね」と絶賛する。

 最終追いは坂路で4F52秒4~1F12秒5を刻み、ダイナミックなフォームで駆け上がった。「動きが良く、仕上がりもいいので初戦から期待しています」と意気込みを伝えた。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年6月17日のニュース