【ユニコーンS】ラペルーズ 余力残して併入、藤沢和師「いい動き」

[ 2021年6月17日 05:30 ]

併せて追い切るラペルーズ(右)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 青竜S11着ラペルーズはWコースで5F69秒6~1F13秒3。3馬身前を行くシハーブ(5歳2勝クラス)に内から余力十分に併入した。藤沢和師は「いい動きだった。前走はスタートが良くなくて両隣の馬と接触。休み明けだったし気難しい面が出た。人気にしていただいたのに申し訳ない」。馬群を縫って強烈な一気差しを決めた、2月のヒヤシンスSと同じ舞台。「父(ペルーサ)も強い時は強かったからね。速い上がりもあるし頑張ってほしい」と期待を込めた。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年6月17日のニュース