橋往復で鍛える小島厩舎 結構な傾斜…脚腰鍛える目的で歩いた逸話も

[ 2021年6月17日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・札幌=16日】札幌競馬場厩舎地区には環状通をまたぐ陸橋が架かっている。道路を隔てた地区にある厩舎と馬場を連絡し、歩いてみると結構な傾斜がある。橋の別名は「ロジユニヴァース橋」。脚腰を鍛える目的で、09年ダービー馬が往復したという逸話が残る。

 高木は先週から小島厩舎の馬が陸橋を往復しているのを見逃さなかった。実は小島厩舎は馬場側に位置し、本来なら橋を利用する必要はない。師に話を聞くと「勾配のある栗東の逍遥馬道みたいでしょう。馬にもよりますが、ゆったりと体を使って歩けば鍛えられると思いますよ。あのロジユニヴァースが使っていたみたいですからね」と笑顔で明かした。先週の日曜10Rは橋の常連、同厩舎のミスミルドレッド(牝4)が勝利。20日10R出走予定のスパークオブライフ(牝5)にも期待が懸かる。師は「状態はいい。追い切りも良かったし合格点を与えられる出来」と前向きだ。今週もせっせと橋を上り下りする小島厩舎の馬たちに注目したい。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年6月17日のニュース