【札幌新馬戦】ハイスペックマン 心身ともに成長、山田「ゲートもポンと出られるタイプ」

[ 2021年6月17日 05:30 ]

 札幌日曜5R(芝1200メートル)でデビュー予定のハイスペックマン(牡=小桧山、父ワールドエース)。滞在中の札幌では小桧山厩舎所属の山田が調教をつけている。16日はダートコースでいっぱいに追われ、セイウンプラチナ(2歳新馬)に半馬身ほど遅れたが、山田は「トレセンにいた時よりも気持ちに余裕があるし、体も成長している。今の馬場なら前に行きたいけど、ゲートもポンと出られるタイプなので」と前向きだった。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年6月17日のニュース