【立川・KEIRINグランプリ】平原3着 10度目も届かず「悔しい」

[ 2019年12月31日 05:30 ]

<KEIRIN GP>平原康多(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 後方2番手の平原が物凄い勢いで外を突っ込み3着。最終コーナー入り口で松浦の内を突き直線勝負に懸けたが「清水君と郡司君の間、もう一個内へ行くべきだった。スピードを殺したくなくて松浦君に当たったが伸びていたから」。ほんのわずかコース取りを誤り外を踏んだ分、悲願の頂点に手が届かなかった。「もう少し直線があればね。悔しい。伸びていたが足りなかった。(優勝を)狙ったレースなので仕方ない」。10回目の挑戦で一番“惜しい”レースだっただけに、悔しそうな表情をにじませた。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2019年12月31日のニュース