【水沢・桐花賞】ヤマショウブラック 3歳制覇へ色気「今年のメンバーなら」

[ 2019年12月31日 05:30 ]

 白嶺賞で鼻差2着のヤマショウブラックが12年ロッソコルサ以来7年ぶりの3歳馬によるVを狙っている。小林俊師は「追い切りに騎乗した高松ジョッキーが太鼓判を押すほど状態はいい。馬体が増え始めているのもいい傾向だし、まだまだ伸びしろがある」と大絶賛。3歳勢の勝ち馬は過去10回全てダービーGP馬だが、小林俊師は「今年のメンバーならチャンスはある」と色気たっぷりだ。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2019年12月31日のニュース