【10大ニュース】2位 菜七子4年目の飛躍 海外初&重賞初V 通算100勝も達成

[ 2019年12月31日 05:30 ]

スポニチ選定「JRA10大ニュース」

交流G2東京盃をコパノキッキングで制し、馬上で笑顔がはじける藤田菜七子
Photo By スポニチ

 デビュー4年目を迎えたJRA現役唯一の女性騎手・藤田菜七子(22)が大活躍。6月30日にスウェーデンで行われたウィメンジョッキーズワールドカップで2勝を挙げ、海外初V&総合V。8月には英シャーガーC、札幌WASJにも参戦した。10月2日の交流G2東京盃をコパノキッキングで制し女性騎手初のダートグレード競走制覇。さらに同馬でカペラSも勝ち初のJRA重賞Vも飾った。3回新潟では初の開催リーディング獲得。15日には通算100勝(地方認定含む)達成と大きく飛躍した一年だった。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2019年12月31日のニュース