【立川・KEIRINグランプリ】戦い終えて

[ 2019年12月31日 05:30 ]

 ▼新田祐大(4着)脇本君と競い合っても良かったが1車下がって番手勝負した方が可能性があると思った。脇本君が掛かっていて車が出なかった。

 ▼清水裕友(5着同着)重かった。普段だったらまくり頃のところが車が出なかった。力不足です。

 ▼郡司浩平(5着同着)結果的に外の方が最後まで踏み切れたかも。でも結果は同じ。脇本さんが掛かっていた。

 ▼松浦悠士(7着)緊張感は全くなかった。清水君が止まって内へ降りようとして、今度は外と思ったら平原さんが入ってきて気になった。

 ▼中川誠一郎(8着)最終Hぐらいで行ってみても良かったかも。でも脇本君が凄く掛かっていた。

 ▼村上博幸(9着)脇本君について行けて「よし!!」と思い一瞬、夢を見た。あの仕掛けに飛び付いてくる選手がいるとは…。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2019年12月31日のニュース