美浦ターフプラザ新装 菜七子、特設展示に「感慨深い」

[ 2019年12月12日 05:30 ]

ターフプラザの藤田菜七子コーナーのお披露目で笑顔でポーズをとる藤田菜七子
Photo By スポニチ

 JRA美浦トレーニングセンター(茨城県)にある広報会館ターフプラザのリニューアルオープン内覧会に藤田菜七子(22)が登場した。

 同施設は14日から装い新たにファンに開放され、最初の特設展示は菜七子特集。女性騎手史上初のJRA平地重賞制覇となったカペラSの優勝レイ、菜七子のサインが入ったコパノキッキングの勝負服を展示。「つい先日のことですが(カペラSの)優勝レイを見ると感慨深いものがあります。たくさんの方々におめでとうという言葉を贈られてとてもうれしいです」と笑顔を見せた。

 2月のフェブラリーSでG1初騎乗を果たし、10月東京盃で交流重賞を初制覇。スウェーデンの「ウィメンジョッキーズW杯」でも女性騎手の頂点に立った19年。毎年勝利数を伸ばす菜七子にとっても飛躍の1年となった。「今年はデビューしてから一番いろいろなことがありました。たくさんのことを経験させていただいたと思っています。2020年はもっと勝てるように、一鞍一鞍勝利を積み重ねたい」と力強く話した。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月12日のニュース