【大村・G1海の王者決定戦】島村、作戦ズバリ「一つでも上の着を目指す」

[ 2019年12月12日 05:30 ]

 準優から新ペラに換わるというアクシデントも何のその。島村は準優9R4枠で登場。スタート展示では単騎6コースだったが「これでは何もない」と本番は2コーススローを選択した。この作戦が見事にはまり2着で優出。優勝なら、来年3月平和島でのSGクラシックの権利を獲れるが、来年7月に地元・鳴門で行われるオーシャンカップポイントも上積みできる。「それが一番うれしい。一つでも上の着を目指して走りたい」。優勝戦は5枠。どこまで善戦できるか。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月12日のニュース