【朝日杯FS】メイショウチタン、楽な手応えでラスト11秒7

[ 2019年12月12日 05:30 ]

併せ馬で追い切るメイショウチタン(奥)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 メイショウチタンはCWコースでツーエムアロンソ(3歳1勝クラス)を追走。いっぱいに追われる相手とは対照的に楽な手応えのまま併入に持ち込んだ。ラスト1Fは11秒7。松山は「いい動き。反応も良かった」と満足そう。今回は1F延長がポイントだが「いいスピードがあるし、先週までの高速馬場は向くと思う」と前向きに語った。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月12日のニュース