【有馬記念1週前追い】ワールドプレミア、ラスト11秒9 武豊も好感触

[ 2019年12月12日 05:30 ]

武豊騎手を騎手を背に3頭併せで調教を行うワールドプレミア(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 ワールドプレミア(牡3=友道)は武豊を背に3頭併せでCWコースへ。最後方から直線は最内へ。スミヨンがまたがったアドマイヤベネラ(2歳新馬)と併入。ラスト1Fは11秒9だった。「しっかりやってほしいとの指示。ほぼ、いっぱいの手応え」と武豊は好感触。「乗るのは菊花賞(1着)以来。(勝って)周りの目が変わったね。条件馬だったのが今はG1ホースだから」と高い評価を勝ち取った相棒を称えた。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月12日のニュース