【有馬記念1週前追い】フィエールマン、初コンビの池添も納得併入

[ 2019年12月12日 05:30 ]

セダブリランテス(右)と併せ追い切るフィエールマン(撮影・郡司 修) 
Photo By スポニチ

 フィエールマンは調教駆けするセダブリランテス(5歳オープン)との併せ馬。7馬身後方から迫り、最後は初コンビの池添に促されて併入した。池添は「走りのフットワークがいいし雰囲気もいい。折り合いが難しいと聞いていたが先週やっているからか、リラックスしていた」と好感触を伝えた。有馬記念最多4勝のグランプリ男は「最初に(依頼を)聞いた時はめっちゃテンションが上がったが、責任を果たさなければいけないと、そこからは気持ちを切り替えた。自分にできるのは勝つことだけ」と力強く話した。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月12日のニュース