【朝日杯FS】タイセイビジョン、全3戦1400m以下に不安あり

[ 2019年12月12日 05:30 ]

坂路で単走で追い切るタイセイビジョン
Photo By 提供写真

 【取捨選択・タイセイビジョン】朝日杯FSは過去10年の優勝馬全てに1500メートル以上のレースでの優勝経験があった。しかも過去5年、キャリア1戦のリオンディーズを除く4頭に同条件で2勝以上の実績があり、2着馬も5頭中4頭が1500メートル以上のレースで優勝経験があった。データからは、ここで1F以上距離を延ばしてくる馬はかなり怪しい。

 タイセイビジョンは全3戦が1400メートル以下。レコードVと圧巻の内容だった前走・京王杯2歳Sにしても道中で行きたがるそぶりを見せた。全3戦でメンバー最速の上がり3Fを計時した能力の高さは単純に評価するが、前述の“嫌なデータ”はやはり気になる。本命候補からは一段、評価を下げたいところだ。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月12日のニュース