【朝日杯FS】エグレムニ、坂路で馬なり4F56秒8 距離延長も想定内

[ 2019年12月12日 05:30 ]

福永祐一騎手を背に坂路で併せ馬で追い切るエグレムニ(手前)
Photo By 提供写真

 エグレムニは坂路で4F56秒9~1F12秒8。先行したベッラヴォルタ(2歳1勝クラス)を馬なりでかわしたところがゴールだった。加用師は「前走(秋明菊賞)は硬さが残る中での勝利。能力の高さを感じた。追い切りでは(騎乗した)福永が“硬さがない”と言っていたし、いい状態で行ける」と上積みを強調。1F延長についても「キズナ産駒だからマイルでも期待」と前向きに話した。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月12日のニュース