【カペラS】ビリーヴ順調!5F67秒5併入「力はある」

[ 2019年12月5日 05:30 ]

 日曜中山メインの「第12回カペラS」に挑むオウケンビリーヴ(牝6=和田勇)はWコースで併せ馬。メガオパールカフェ(8歳3勝クラス)を4馬身追走し、直線内から並ぶと強めに追われて併入した。時計は5F67秒5~1F12秒5。和田勇師は「東京1400メートルを使う予定だったが、少しピリピリしていたので再調整してここへ。転厩初戦で比較がつかないが動きを見る限り力はある。うまくいって落ち着いているので、競馬でも落ち着いていられれば」と期待を寄せた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月5日のニュース