【阪神JF】クラヴァシュドール 成長曲線描く4F53秒0「楽にスピードに乗った」

[ 2019年12月5日 05:30 ]

<阪神JF>坂路を駆け上がるクラヴァシュドール(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 クラヴァシュドールは坂路単走で4F53秒0。藤岡佑は「楽にスピードに乗った」と話し、中内田師は「サラッとやっただけで思った以上に速かった」と感心しきりだった。前走・サウジアラビアRCは牡馬相手に2着も、デビュー2戦とも3F33秒1の剛脚を発揮している。「いい感じで成長曲線を描いています」と師。リアアメリアの最大のライバルは身内にいるといわんばかりだった。 阪神JF

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2019年12月5日のニュース