【阪神JF】西浦師も期待!“名手”ビュイックの手綱さばき注目

[ 2019年12月5日 05:30 ]

<阪神JF>笑顔でサムアップポーズをするウィリアム・ビュイック騎手
Photo By スポニチ

 【こぼれ話 隠れ話】ビュイックは12年秋に初来日。西浦厩舎の管理馬に騎乗するのは14年以来、約5年ぶりとなる。5年前は3鞍に騎乗して未勝利だったが、西浦師は「ジョッキーもあの時は、まだゴドルフィンと契約したばかりで日本に来ていた。こっちの馬場や、競馬に慣れてなかっただろうからね」と懐かしむ。

 今や、世界トップジョッキーの一人。先週はスポニチ賞ステイヤーズSをモンドインテロで勝つなど、土日で“騎乗機会5連勝”を飾った。ノリノリの名手を背にした最終追い切り後、西浦師は引き揚げてくるジョッキーの元へ。「いいコメントをもらったし余計、楽しみにしているよ」と満面の笑み。ゴドルフィンの主戦の手綱さばきに注目だ。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月5日のニュース