【新潟新馬戦】サムシングジャスト突き抜けV 福永「上手」

[ 2018年8月5日 05:30 ]

新潟新馬戦を勝ったサムシングジャスト(右)
Photo By スポニチ

 新潟5R新馬戦(芝1600メートル)は、3番手を進んだ3番人気サムシングジャスト(牝=松田、父ヴィクトワールピサ)が最内から突き抜けてデビューV。福永は「返し馬からいい馬だと感じた。お母さん(ツルマルオトメ)が短距離馬なので気分良く行き過ぎないように…との指示。上手に競馬してくれた」と称賛。管理する松田師は「タメを利かせ、瞬発力を生かすいい競馬ができた。次走は北海道(札幌2歳S)も含めて考えたい」とニッコリ。

 ダービー馬レイデオロの半弟で単勝1・1倍の断然人気に推されたソルドラード(牡=藤沢和、父ロードカナロア)は中団から伸び一息で3着。ルメールは「まだ子供っぽくて、道中の反応が鈍かった。次は良くなると思う」と振り返った。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2018年8月5日のニュース