岩手競馬で禁止薬物馬 三野宮厩舎 5、6日の計8頭出走取消

[ 2018年8月5日 05:30 ]

 岩手競馬は4日、所属現役馬から禁止薬物陽性馬が発生したと発表した。7月29日、盛岡4Rで2着に入ったスターズレディ(牝5=三野宮)で検出された薬物は「ボルデノン」(アナボリックステロイド=筋肉増強剤)。

 同レース後に検体を採取。禁止薬物の有無を検査する競走馬理化学研究所に送ったところ、3日、ボルデノンが検出された。念のため、レース後に取ったもう1つの検体を追加検査したが、4日午後、陽性と判定された。これを受け、4日9Rに出走予定だった三野宮通厩舎のプライヤビスタは除外に。さらに、同厩舎の5日出走予定馬4頭、6日の4頭が全て出走取り消しとなった。スターズレディは失格となり賞金も剥奪される。同馬が2着となったレースの払い戻しにおける確定馬番は変わらない。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2018年8月5日のニュース