的場“凱旋”で日本新だ 5日佐賀・里帰りジョッキーズC騎乗

[ 2018年8月5日 05:30 ]

 佐々木竹見元騎手が持つ地方競馬最多7151勝の日本記録に王手をかけている的場文男(61=大井)が、5日、佐賀競馬場で九州出身の騎手が勢ぞろいする「里帰りジョッキーズカップ」に騎乗、新記録を狙う。

 10R「ウエルカムカップ」はプリンセスラグーン(牝4)とのコンビ。前々走を2番手から直線で抜け出して快勝。前走も4角4番手から2着と近走、安定している。11R「ホームタウンカップ」はケモノタイプ(牡6)がパートナー。こちらは前走を快勝。勢いに乗っている。

 福岡県大川市出身の的場は昨年もこのシリーズ(7月9日)に参加。「里帰り〜」には勝てなかったがエキストラ騎乗の一戦(8R)で白星をゲット。昨年12月3日には自身の地方競馬最高齢重賞勝利を記念した「的場文男チャレンジカップ」に招待され完勝。エキストラ騎乗(5R)も勝って一日2勝の荒稼ぎだった。

 王手をかけてから19連敗中の的場だが「全力投球、感謝を込めて馬を動かしたい」と気持ちは切れていない。最高の相性を誇る佐賀で決めるか。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2018年8月5日のニュース