【小倉新馬戦】シルフィード押し切ってV 和田は将来性評価

[ 2018年8月5日 05:30 ]

 小倉5R新馬戦(芝1200メートル)は、好位で運んだ1番人気のミヤジシルフィード(牡=川村、父ロードカナロア)が残り1Fで先頭に立つと、アールグランツの猛追を半馬身しのいで押し切った。

 和田は「抜けて遊ぶところはあったけど、使えば良くなりそうな感じ。時計も詰まる」と将来性を評価。これで小倉の新馬戦3連勝となった川村師も「(厩舎の2歳で)一番感じるところのある馬ですから」と安どの笑みだった。小倉2歳S(9月2日)に向かう。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2018年8月5日のニュース