【川口記念】影山伸 地元ベテラン優勝戦へ上積み狙う

[ 2018年5月26日 05:30 ]

3日目6R「準々決勝戦B」で快勝した影山伸
Photo By スポニチ

 地元ベテランの影山が3日目6R「準々決勝戦B」で快勝した。「緊張したけど、1着以外は準決に乗れないと思っていたので良かった」とベスト32入りを決めニッコリ。試走タイムは3秒34と上々の数字だったが「欲の部分になるけど、もう少し出ている感触だった。悪くはないけど、自分の体感とは違っていた」と複雑な表情をのぞかせた。

 2日目10R「二次予選A」は何もできず7着。「悔しかった」と振り返っていたが、モヤモヤした気持ちも吹き飛んだはずだ。「乗りやすくなっていたので、あともう少しだけ上積みを狙って調整する」と満足する様子はない。3日目と同様、スタートで先手を奪う展開に持ち込めれば一気に勝機が広がってくる。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年5月26日のニュース