【梅ちゃん先生・特別編】26日東京11R 馬力を要す砂に合うマッチョ

[ 2018年5月26日 08:00 ]

 今週はダービー候補の馬体を漏れなくチェックしたが、最も迫力があったのはブラストワンピース。太め残りではあるが、ボディービルダーのような筋肉マッチョ。芝馬というより歴戦のダートホースみたいだ。ジャパンダートダービーに臨んでも(そんな計画はない)大いにチャンスと思うのだが、果たして…。

 土曜東京のメイン、ダートのオープン特別はベストマッチョ狙い。前走は芝並みのペースで逃げて2着粘走。4戦連続で掲示板を確保しているようにどんな流れでも崩れないのが強みだ。同じ1400メートルの前々走・バレンタインSでは引っ掛かったが、今回は流れが速くなりそうな先行馬ぞろいのメンバー構成。16年5月のデビュー2戦目(東京500万1着)以来のコンビとなるボウマンの手綱に折り合えれば、好勝負に持ち込める。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年5月26日のニュース